投稿日:

ビットコイン取引所のレート

ビットコイン取引所で売買をする前には、レートの確認をする方も多いです。
必須ではないのですが、やっておいた方がお得に売買できますよ。
レートとは、その仮想通貨が売買されている相場価格のことです。
この価格は一定ではなく、よく変わります。

なぜかというと、ビットコインなどの仮想通貨に固定価格はなく、そのときの人気や需要に応じて値段が変わるからです。
人気が高く、多くの方がそれを欲しがっているときは値段が高くなりますが、人気が下がって欲しがる方が減ると、価格も下がります。
このように常に価格が変わっている中、結局今どれくらいの値段が相場なのか、それを示すのがレートです。

そしてこのレートは、取引所によって違います。
その理由は、現在のところ、仮想通貨の取引所はそれぞれで自由に売買ができるためです。
そこを利用しているユーザーや人数も取引所単位で違うため、同じビットコインでも取引所が変わると、微妙にレートが変わることがあるのです。
そのため、実際に売買する前には、各取引所でのレートを確認する方も少なくありません。
これからビットコインを買いたい方は、買値のレートができるだけ安くなっている取引所を探すことになります。
ビットコインを売りたい方は、売値のレートができるだけ高くなっている取引所を探すわけです。
このように事前に取引所のレートを確認し、そのときに有利な場所を選ぶのは、比較的基本的な方法になっていますね。

また、取引所のレートを確認するのは、現在の相場価格を確認し、適切な値段での注文を出すためでもあります。
ビットコイン取引所では自分で値段を指定する形での注文も可能ですが、相場から大きく離れた値段をつけても、成約はしにくくなります。
ではどれくらいの値段をつければいいのか、それを知るために自分が使っている取引所のレートを確認するのが有効ですね。
ただし、これらは必須の手順ではありません。
少しレートが不利でも、自分がその価格で十分と思うなら、その取引所で売買してもOKです。
その取引所の使いやすさやユーザー数なども含めて、そのレートで十分と思えることもありますからね。

また、自分で値段を指定して売買するときも、相場から大きく離れた値段をつけてもOKです。
このときは普段以上に成約しにくくなるだけで、注文自体は出せるのです。
そしてレートは比較的頻繁に変わるものですから、そのまま注文を出していれば、そのうちレートが変わったときに成約する可能性もあります。

このようにレートの確認は必須ではないのですが、確認した方が上手にビットコインの売買ができることは多いです。
余裕があればこれもやってみるといいでしょう。