投稿日:

ビットコイン取引所の利用時間

ビットコイン取引所の利用時間はどうなっているのでしょうか?
これについては基本的に年中24時間利用可能です。
なぜかといえば、これがインターネット上で利用する仮想の取引所サービスになるからですね。

実店舗などに行くわけではなく、そのサイト上でビットコインの売買を行います。
もっと具体的にいうと、そのサイトへアクセスして取引画面に希望する注文を入力して送信するだけですから、平日の昼間はもちろん夜間や早朝でもできますし、土日祝日の終日も対応可能です。
利用時間については、あまり気にする必要はありません。

ただし、これはそのビットコイン取引所ですぐに売買ができる状態になっていることが前提です。
こちらを利用するときは、取引に使うビットコインや日本円はその取引所の口座へ事前に入金をしておきます。
これをやっていないと、取引はできません。
たとえば売り注文や買い注文を成約したあと、初めてその取引で使うビットコインや日本円を入金するといった後払い方式は不可なのです。
取引するためには必ず事前の入金が必要なのですが、この入金がしやすい時間帯と、しにくい時間帯とがありますから、この利用時間はよく確認しておくといいです。

特に気をつけたいのが、ビットコインを購入するため、あらかじめ日本円を入金しておくときです。
このときは銀行振込が基本となりますが、振込に使う銀行の種類によっては平日昼間の銀行の営業時間内でないと、すぐに振込できない場合があります。
そのような銀行の場合、土日祝日に振込の操作をしても、それが実行され、ビットコイン取引所の口座に入金が反映されるのが休み明けの翌営業日となるわけです。
その入金が反映されるまで、ビットコイン取引所の口座に取引に使えるだけの日本円がない場合は、売買の利用もできないことになります。
この関係で夜間や早朝、土日祝日などには利用できない場合がありますから、注意してください。

ビットコイン取引所によっては、夜間や早朝、土日祝日でも振込の実行ができる銀行から入金ができるため、ほぼ24時間、365日、いつでも利用できる場合もあります。
また、夜間や早朝などでもできる別の入金方法が用意されていることもありますね。
利用時間を制限されたくない方は、このような対応が可能な取引所を選ぶといいでしょう。

このようにビットコイン取引所は基本的に年中24時間使えるのですが、メンテナンスなどの関係で一時的に利用できない時間帯ができることもあります。
そのため厳密に言えば、年中無休で絶対に24時間使えるわけではありません。
使えない時間帯は限られていますが、その時間帯については事前にアナウンスがありますから、それをよく確認して対応するといいでしょう。